JWHN : Japan Women’s History Network
お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • お知らせ

お知らせ

第28回イギリス女性史研究会の御案内および自由論題研究発表の募集について

公募形式による個人研究発表(自由論題)を行いますので、研究発表をご希望の方は、要領をご確認の上奮ってご応募ください。2017年3月31日(金)22:00( 日本時間)締め切りですのでお間違いのないよう、よろしくお願いいたします。

イギリス女性史研究会・第27回研究会 シンポジウム

◆◆イギリス女性史研究会・第27回研究会 シンポジウム◆◆ 「植民地戦争におけるセクシュアリティとジェンダー ――帝国だったイギリスの過去を問い直す――」 ■ 趣旨: 中東から押し寄せる難民がヨーロッパ諸国を揺さぶりつつ …

第26回イギリス女性史研究会のご案内

第26回イギリス女性史研究会は、「2016年6月11日(土)14~17時」、「甲南大学(神戸)」で開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

会誌『女性とジェンダーの歴史』第5号の投稿募集

会誌『女性とジェンダーの歴史』第4号の投稿募集についてご連絡いたします。皆様のご投稿をお待ちしております。

JWHN会誌第3号表紙

※下記をクリックすると、PDFでご覧いただけます

JWHN会誌の執筆要綱

※下記画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。

新しく選出された役員について

2015年12月~2017年12月任期の役員が選出されました。

第26回イギリス女性史研究会の御案内および自由論題研究発表の募集について

公募形式による個人研究発表(自由論題)を行いますので、研究発表をご希望の方は、下記の要領で奮ってご応募ください。3月31日締めきり

会誌『女性とジェンダーの歴史』第4号の投稿募集について

会誌『女性とジェンダーの歴史』第4号の投稿募集についてご連絡いたします。皆様のご投稿をお待ちしております。

国際シンポジウム「トランスナショナリズムと女性教育史研究」のお知らせ

イギリス女性教育史研究の第一人者であるジョイス・グッドマン氏(ウィンチェスター大学名誉教授)をお迎えして、トランスナショナルな視点から女性の教育史研究をテーマとする国際シンポジウムを開催します。二度のセミナーでは、19世紀末から20世紀前半における女子学生や女性教師の国境を越えた移動と国際的なネットワークの形成をめぐり、ヨーロッパ(イギリス)、アメリカ、アジア(日本)の教育と社会、ジェンダーの歴史を探究します。研究者の国際的な交流と議論を重ねることで、新たな研究の地平が開かれるものと期待します。 多くの皆様のご参加をお待ちしております。

« 1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © イギリス女性史研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.